自分でピーリングをやるのはちょっと不安…という人はドクターに任せましょう!

肌の為にやっておきたいピーリング

普通なら身体に備わっているターンオーバーというシステムのおかげで、28日周期で肌が生まれ変わっていきます。その周期が乱れてしまい、本当なら残っていないはずの古い角質が肌の表面に残ってるままだと、一体どんな悪影響があるのでしょうか。まず、メラニンが排出される量よりも作られる量の方が上回ってしまうことで、日焼けや紫外線などが原因のシミが定着しやすくなります。顔全体の透明感が失われたり顔色が悪く見えるくすみに悩まされることも増えますし、ニキビの原因になる人も…。古い角質が新しいものへと入れ替わることを手助けし、様々な肌トラブルを回避する為にもやっておきたいのがピーリングです。市販のピーリング石鹸やハチミツパックなどでもできますが、ピーリングを自己判断で行っても平気なのか心配な人は、美容皮膚科でケミカルピーリングをやってもらいましょう。肌の状態を診察して施術していいか確認してから行ってくれますし、アフターケアに関する指導も行ってくれますよ。

どんな風にピーリングをしてくれるの?

市販のものよりも角質を除去する効果を期待できる美容皮膚科のピーリング剤ですが、使用される薬品は複数の種類があります。その患者さんの肌の状態などでぴったりの薬品を使い分けるんですよ。どれを使う場合でも、酸性の薬品で肌から剥がれないままの古い角質を溶かすという点は共通しています。その病院の治療方針次第では、初期のニキビの圧出を行っているところ場合も。イオン導入を組み合わせて浸透力を高めるところもあります。

ピーリングとは、古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除き、組織の入れ替わりを促すことで肌を健やかに保つスキンケアの一種です。毎日行うとむしろ肌の負担となるので、週に2~3回程度行うのがベストです。