特徴や施術の流れを知ろう!血液クレンジングとは?

血液クレンジングとは何?

血液クレンジングとは、オゾンを活用した治療方法です。オゾンで血液を活性化することで、自然治癒力を高めることができます。欧州などでは40年以上の歴史があり、安全性も確立している方法です。人間の体は、エネルギーを使う時に酸素を利用しています。体内に取り込まれた酸素の一部は活性酸素となりますが、活性酸素の増加で細胞障害をもたらす可能性があるのです。よって、疲労や体調不良・生活習慣病などを引き起こします。これを改善するために行う治療の一つが、血液クレンジングです。自然治癒力を向上させて、健康向上や維持・病気予防に役立てています。血液クレンジングは、オゾンと採血した血液を反応させることで、オゾン化した血液を戻すことが特徴です。酸素を多く含むので、抗酸化力が高い血液になります。つまり、酸素運搬能力や免疫力を向上させてくれるのです。また、血小板凝固作用を抑制して、サラサラの血液を作りだすこともできます。

血液クレンジングの施術方法とは?

血液クレンジングの施術では、まずカウンセリングをします。問診票に体調などを記入して、アレルギーの有無などを確認するでしょう。診察では血液検査なども行います。実際の施術では専用機器を用いて、一定の速度で採血をすることからです。その後、免疫や代謝を活性化させるために、医療用オゾンを投与していきます。オゾンによって活性化された血液を、血管に戻すことで施術は終了です。血液クレンジングの治療時間は約20分~30分で、月に1回~2回を目安に行います。

血液クレンジングをすることでドロドロだった血液がサラサラになり、肌がきれいになります。肩こりを予防したり、免疫機能も高まります。